070316

境港市生まれの漫画家・水木しげるさん(85)の代表作「ゲゲゲの鬼太郎」の実写版映画が4月28日、全国一斉に封切りされるのを前に、主人公の鬼太郎を演じたタレント・ウエンツ瑛士さん(21)と本木克英監督(43)が15日、同市大正町の観光施設「妖怪神社」に映画の成功を祈願した。

約100人のファンが出迎える中、ウエンツさんは黒と白のしま模様のちゃんちゃんこにゲタ、銀髪という映画の鬼太郎姿で登場。本木監督と並んで手を合わせた。

映画は、ねずみ男が持ち出した「妖怪石」を巡って鬼太郎たちが邪悪な妖怪と戦うストーリー。ウエンツさんは神社のシンボルの石に触って「妖怪パワーをもらいたい」とにっこり。本木監督は「映画大ヒット間違いなし、との声が聞こえました」と喜んでいた。(読売新聞)

コメントを残す